学名:(Prismognathus angularis

北海道のオニクワガタ 撮影:高橋レオ
2017年8月撮影:高橋レオ

分布

北海道、利尻島、本州、四国、九州北部、佐渡、サハリン

北海道のオニクワガタ 撮影:高橋レオ
2017年8月撮影:高橋レオ

生態

本州では高地に分布するが、北海道では平地から山地まで広く分布する。

苔生した倒木の上で-オニクワガタ 撮影:高橋レオ
苔生した倒木の上で-2020年8月 撮影:高橋レオ

倒木の周りを彷徨いていることが多く、

7月後半から8月中旬くらいが発生のピーク。

顎が反り返っているためにこの名前がつけられた。

日本列島固有種で、愛好家のファンも多い。

オスは比較的動き回るが、

メスはほとんどの生活を倒木の中、あるいは周りで完結しているのか?

ほとんど見たことはない。

メスの写真がどこかにあった気がするのだが、

見つからないので見つけ次第コチラにアップします。

インスタグラムの投稿はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: