学名:(Sciurus vulgaris orientis

エゾリスの写真:高橋レオ
エゾリスの写真:高橋レオ

分布

北海道全域で広く見られる。高山帯では少ない。(シマリスが多め)

生態

昼行性。

冬、春は朝から活動し、夏は日出から日没まで。

本種は真冬でも活動する。

北海道のエゾリス 撮影:高橋レオ
2020年3月 撮影:高橋レオ

この写真を撮影した日はおそらくエゾリスの繁殖期の中でも、発情・交尾期にあたる。

この写真の枠外にはもう2匹、駆け回る個体がいたのだが、写真として切り出したのはコチラの2個体。

北海道のエゾリスの食痕 撮影:高橋レオ
エゾリスの食痕 2020年2月撮影:高橋レオ

トドマツの長い松ぼっくりを食べた痕。

この食痕のように綺麗に先だけ残すので、「エビフライ」とも呼ばれている。

北海道のエゾリス 撮影:高橋レオ
オニグルミを食べるエゾリス 2020年2月撮影:高橋レオ
北海道のエゾリス 撮影:高橋レオ
オニグルミを奪い合うエゾリス 2月撮影:高橋レオ
モミジの種を食べるエゾリス 2019年11月撮影:高橋レオ
モミジの種を食べるエゾリス 2019年11月撮影:高橋レオ
北海道のエゾリス 撮影:高橋レオ
滲み出る樹液を舐めているエゾリス 2021年2月撮影:高橋レオ

さまざまなものを食べる。

どこにでも現れる動物なので、沢山の写真があります。随時見つけ次第、

撮影し次第、写真をアップしていきます。(2022年3月1日更新)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: