写真展【Lost in Hokkaido】

僕たちは日々、

当たり前のように生きている。

極寒の大地に立つ生き物たちは

毎日が光と闇を交差するように、

せわしなく入り混じった時間の中を

少しづつ進んでいる。

冬になると

心が安らぎを求めてしまうのは

僕たちの真髄に残っている

ほんの瞬きから呼び起こされるような、

本能の鼓動。

覚めた目に写る

心の隙間が語り合う時間。

2月21日。

僕は旅に出る。

地球の裏側を生きる

時の証たちに出会うために。

そして北海道に、心を置いていく。

僕がみた時間、

かけがえのない時の儚さを込めて。


年明け初の写真展開催!

タイトル『Lost In Hokkaido』

北海道の生き物たちの写真展

開催場所:野幌ふれあい交流館

(こんな感じ)

野幌森林公園 大沢口から徒歩5分

是非お立ち寄りください。

夜パフェ専門店 パフェテリアミル に写真を置かせて頂きました!

どうもげんごろうです、おばんです。(北海道弁)

こないだ行った夜パフェ専門店があまりにも美味しくて、外観がステキすぎて、「ぼくの写真とか置かせてもらえませんかね…?」

と帰り際にお願いしてみたところ、

こうなりました

日本の家って写真を壁に飾る習慣はあんまりないと思うんだけど、こんな写真が家に飾ってあったら癒されるかなぁ…とか考えながら製作しました。

雰囲気を最大限に出すために和紙を使ってみたよ。

作品がどこに置いてあるのかは実際に見てもらいたいと思うので、

もしパフェを食べたくなったら

「夜パフェ専門店 パフェテリアミル」

足を運んでみてください😉

僕は海外の動物写真を撮影しているイメージが強いと思うけど、

元々生粋の道産子で、なおかつ大学の裏に3つの市をまたぐ大きさのマイフィールドがありますので、普段はそこ。

この写真を撮影した時はまだ雪が溶けて間もない頃で、エゾアカガエルも鳴いてた。

どうしても頰が膨らんでるところを撮影したくて必死で声真似をしたら、ちゃんと鳴き返してくれた。

シマエナガは問答無用で可愛いけど、

僕はカエルも可愛いと思っているから、そんな調子で森に入ると上を見たり下を見たりですごく忙しい。

冬は風景と鳥に専念できるからその点とても楽。笑

今年はもう少し粘ってクマゲラのベストショットを狙いたいな。

げんごろう。