2019
11
May

偏愛紀行

オオハシってイイよね

サンショクキムネオオハシ

Ramphastos sulfuratus

こないだ、めっちゃかわいい靴下をみつけた。

こんな感じでさりげなく生き物があしらわれたものが昔から好きなんだよね。

おしゃれで全体のバランスを崩さないコーディネートができそうなので、二足も購入してしまった〜。

オシャレは足元から。

そういえばコスタリカで出会った、

サンショクキムネオオハシ、綺麗だったなぁ。

撮影したときはおそらく4羽くらいの群れで行動していた。この三色のクチバシを一目見たいと、中南米ではずっと狙っていた。

ただエメラルドグリーンのtocan、キバシミドリチュウハシには出会えなかったのは心残りだ。残念。

木の実のあるところには必ず寄ってくるから、待ち伏せすれば木の実を食べる写真くらいなら撮れる感じ。

ただ警戒心はそこそこ強いので、体は大きくて沢山観る機会があっても、満足のいく撮影ができる機会はそう多くはない。

そんな感じかな。うん。


撮影テーマって人それぞれだと思うんだけど、僕が撮影で意識してることは「その時にしか撮れない写真」以外特にないのよね。

(あくまでも撮影時には制約を設けていないだけで、写真展で観せるものを縛ることは沢山ある)

そのかわり、自分から縛られに行くことはしょっちゅうある。

この写真を撮った時は、1日だけめちゃくちゃ早く起きる時間を作って、「鳥day」を設けて撮った写真。明確な目標を定期的に作ったり、ルールを自分で作り出すことに最近はハマってる感じ。

「今日はこのレンズしか使わない」とかよくやる。(たまに双眼鏡を持たないで森に入るのもこのドMが起因してる。)

*命の危険があるような山に登山靴履かないで行ったり、雨具なしで行ったりはしません。最悪の事態はいつやってくるかわからないのでその分別はしっかりやろう!

写真にもいろんなタイプがある。

好き嫌いはみんなあると思うけど、

無駄な写真は一つもない、そう思って日々撮影に励みます。

(最近はもっぱら卒論の準備ですが)

これからもいろんな写真、撮っていこ〜。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。